iPhone とパソコンを接続する

iPhone とパソコンを接続する

S2AR アプリで拡張現実をプログラミングするためには、iPhone と パソコンをつながなければなりません。その方法を詳しく説明していきます。

無線 LAN(Wi-Fi)接続する

最も一般的な方法は、家庭の Wi-Fi の同じ回線に、iPhone とパソコンを接続することです。回線速度が速ければ、安定した接続を持続できます。

iPhone が接続中の Wi-Fi 回線の調べ方

図1-4-1

iPhone のホーム画面より「設定」→「Wi-Fi」をタップすることで、現在接続中の Wi-Fi を調べられます。

パソコン が接続中の Wi-Fi 回線を調べる方法

図1-4-2

タスクトレイの「Wi-Fi」アイコンをクリックします。現在接続中の Wi-Fi 回線が表示されます。S2AR を使うためには iPhone とパソコンが同じ Wi-Fi回線に接続している必要があります。もし iPhone とは別の回線につながっている場合は、同じ回線名をクリックして接続し直してください。

S2AR の IP Address を入力する

図1-4-3

iPhone の S2AR アプリを起動します。画面の下に、S2AR アプリの接続用「ID」が表示されるので確認してください。図1-4-3を見ると、ID は「8675-6263」であることが表示されています。数字は毎回ランダムに変更されます。

図1-4-4

図1-4-4を参照してください。ScratchX サイトのカテゴリー「その他」を選びます。「スクリプトエリア」に「接続ブロック」を移動します。「接続ブロック」の入力欄に、 S2AR アプリの「接続用 ID」の数字「8675-6263」を入力します。「接続ブロック」をクリックして、S2AR とパソコンを接続するプログラムを実行します。

図1-4-5

S2AR アプリに「Connected(接続された)」と表示されたら、iPhone とパソコンの接続は完成です。これで拡張現実をプログラミングできるようになりました。

接続できないときは

図1-4-6

接続できないときは、まず S2AR アプリの再起動をしてみてください。それだけで接続できる場合が多いです。再起動の直後は比較的、接続しやすくなります。
iPhone のホームボタンを「ダブルクリック」してください。図1-4-6のように起動しているアプリがすべて表示されるので、S2AR を選んで、上(または横)にスワイプしてください。この操作で S2AR を終了させることができます。その後、 S2AR を再起動してみましょう。
ホームボタンがない iPhone の場合は、画面の下の横棒を中央付近まで引っ張ってくると、起動中のアプリが表示されるので、S2AR を選んで、上(または横)にスワイプしてください。

それでも接続できないときは、「接続用 ID の入力ミス」「同じ Wi-Fi に接続できていない」「Wi-Fi の電波が弱い」などの理由が考えられます。この章のはじめから、もう一度慎重に作業を進めてください。

「Wi -Fi 接続」以外の方法

iPhone とパソコンを接続する方法は、Wi-Fi だけではありません。お使いの iPhone がテザリングが可能であれば、以下の方法を使うこともできます。テザリングなら Wi-Fi 接続が使えない外出先でも S2AR を使うことができるようになります。(テザリングとは、スマートフォンを Wi-Fi ルーターのように使い、パソコン・ゲーム機等をインターネット接続できるようにする機能のことです。本書では「テザリングする方法」自体は説明しないので、ネット等で各自調べてください)

①USB テザリング
②Wi-Fi テザリング
③Bluetooth テザリング

いずれの方法でも、手順は「Wi-Fi 接続」の場合と共通です。パソコンで ScratchX サイトを開いて、Extension URL を入力します。S2AR アプリに表示される接続用 ID を「接続ブロック」に入力します。「接続ブロック」をクリックして実行します。S2AR に「Connected」と表示されたら成功です。

上記の3つの方法のうち 「①USB テザリング」は充電しながらアプリを使うことができ、接続が安定するなど利点があるのでおすすめです。

次の章では、仮想オブジェクトをクラフトするための基準となる「原点(Origin)」を設置する方法を学びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です