プログラミング教室

分子構造模型

分子構造模型 図3-3-0 分子構造(molecular structure、molecular geometry)とは、分子の幾何学的構造をいい、例えば原子間距離や配向などをさす。分子構造を調べるには、主に回折法と分光法が用いられる。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)分子構造より S2AR で分子構造模型を作ってみましょう。S2AR の「球体ブロック」と「線ブロック」を使えば、様々な分子構造モデルを作成できます。Scratch プログラミングで作成することもできますが、より簡単に作成できるように「分子構造ブロック」が Ver. 2.0.1 より追加されましたので、 … 続きを読む 分子構造模型

地図を表示する

地図を表示する 図3-2-0 出典:国土地理院ウェブサイト S2AR で地図を表示させることができるようになりました。Web サービスとして ①地形自動生成ツール(Kamio Terrain Generator) ②地理院地図 を紹介し、S2AR と連携して地図を表示する方法を説明します。 (注意)本章では Web サービスを利用していますが、著者はインターネットブラウザとして「Chorme」を使用して動作確認を行っています。別のブラウザ(IE、Edge、Safari など)を使うと、解説通りの動作にならない可能性があります。 地形自動作成ツール(Kamio Terrain Generator … 続きを読む 地図を表示する

3Dモデリングとアニメーション

3Dモデリングとアニメーション 図3-1-0 第3部では、S2AR の応用について説明していきます。外部のアプリケーション・サービスと連携する「3Dモデリングとアニメーション」「地図を表示させる」「分子構造模型」を学びます。 MagicaVoxel 図3-1-1 MagicaVoxel 公式サイト MagicaVoxel は、ephtracy がオープンソースで開発を進めている、ボクセルモデリングソフトです。Windows、Mac の両方に対応しており、公式サイトより無料でダウンロードできます。パストレーシングによる高品質なレンダリングも可能で、ゲーム素材の作成やアート作品の製作など、様々な用 … 続きを読む 3Dモデリングとアニメーション

ジオラマ作り

ジオラマ作り 「ジオラマ」とは日本語で「情景模型」とも言われ、展示物をその背景や周辺環境と一緒に展示する方法です。鉄道模型やプラモデルの展示でよく使われます 。 S2AR で、家と自動車と電車の「ジオラマ」を作ってみましょう。 地面(グラウンド) 図2-5-1 最初に地面から作っていきます。ジオラマの縮尺は「1 : 100」です。つまりマインクラフトと同じで、ブロック1つが「1 メートル角の立方体」に設定します。 地面の色は緑(r, g, b)=(0, 255, 0)にします。サイズ「100 x 100 x 1」の立方体ブロックを1つ置きます(100 メートル角の空き地)。Y座標を「-1」に設 … 続きを読む ジオラマ作り

自動車を作る

自動車を作る 空間に「3Dモデル」を描いてみましょう。今回は比較的簡単な「自動車」をクラフトします。「自動車」を選んだ理由は、すべてのパーツ(parts)を直方体で作ることができるからです。RGB 値と16進数を参照に、自分の好きな色の自動車を作ってみましょう。 早速始めましょう! 設計図 図2-4-1 プログラミングの前に、自動車の設計図を描きます。エクセルのセルを正方形にしてから、作りたい車の形をイメージしてセルに色を付けていきます。 ここで重要なのは、クラフトするための「原点(Origin)」をどこにするかということです。今回はクラフトしやすいように、車の右前を「X-Z平面」の原点に決め … 続きを読む 自動車を作る