ARKit とは

ARKit とは

ARKit は、iPhone や iPad ですばらしい拡張現実アプリケーションを作成することができる、iOS 11 で導入された新しいフレームワークです。デジタルオブジェクトや情報をユーザーの周りの環境に融合させることで、画面の枠を超え、アプリケーションを通じてまったく新しい方法で現実世界と関わることができるようになります。

Apple Developer サイトより

ARKit の特徴

About Augmented Reality and ARKit より

①AR(Augmented Reality = 拡張現実)アプリの開発者向けのフレームワークです。iOS 11 以降で標準機能として組み込まれました。数億台の iPhone、iPad で動作します。iPhone、iPad さえあれば拡張現実を楽しめるのが最大の特徴です。

②VR(Virtual Reality = 仮想現実)のように非現実を表示するのではなく、ARは現実世界に情報を付加する形で、バーチャルコンテンツを浮かび上がらせることができます。例えば、自分の部屋を iPhone で撮影することで、家具を浮かび上がらせてサイズやカラーをコーディネートできるなど、無限の応用が考えられます。

③Unity や Unreal Engine のような他社製ツールでも活用できます。Apple が ARKit の技術を抱え込まず、他社製のツールで利用可能にしたことで、仮想現実技術のスタンダード(標準)になっていくことが予想されます。(S2AR のバージョン1は Unity を使って開発されました。主にパフォーマンスの問題で、バージョン2以降は Xcode + Swift で全面的に書き換えられています。)

VR / AR 社会を生き残るために

ポケモンGO公式サイト より

あなたは「ポケモンGO」をやったことがありますか? このゲームは最も有名な拡張現実アプリの1つです。まるで、その場所にモンスターが本当にいるかのように、熱中して遊んでいるファンがたくさんいます。

安価で手軽に使えるVR(仮想現実)/ AR(拡張現実) の技術が開発されれば、この技術は爆発的に普及していくでしょう。SF の世界がまさに今、訪れようとしています。
VR / AR 技術者はこれから大量に必要とされます。いち早く ARKit をマスターして、来るべき VR / AR 社会のプロフェッショナルを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください