Scratch2MCPI のインストール

Scratch2MCPI のインストール


もし同じ家を100軒建てるとしたら


前回、マインクラフトで初めての家を建築しました。簡単な家でしたが、結構、時間と手間がかかりました。

もし同じ家を10軒建てることになったら、どうでしょうか? 頑張ったら何とかできそうです。

ではあの家を100軒建てることになったら、どうですか? 作り始める前から、うんざりしてしまいます。同じことの繰り返しだし、飽きてしまいます。何時間もかかるだろうし、疲れてしまうことでしょう。「誰かに手伝ってもらいたい!」と思うはずです。

では1000軒建てるとしたら? 「そんなの無理!」に決まっています。


そんな時こそ、プログラミングの出番です。プログラミングの特徴は、正確であること、早いこと、繰り返し作業に向いていることです。「マインクラフトで同じ家を100軒建てる」という課題は、プログラミングにうってつけです。人間みたいに疲れたり、文句を言ったりせず、黙々と正確に素早く仕事をし続けてくれます。

プログラミングは人間を単調な繰り返し作業から解放してくれるのです。


マインクラフトの世界をプログラミングする


Image


マインクラフトの世界をプログラミングするには、いくつかの方法があります。今回はScratchとマインクラフトをつなぐ「Scratch2MCPI」を紹介します。「Scratch2MCPI」とは「Scratch to Minecraft Pi」の略で、 Scratchからの命令を自動で Pythonというプログラミング言語に変換してマインクラフトに送ってくれます。 「Scratch2MCPI」を使うと、Scratch でブロックを重ねることで、直感的にマインクラフトの世界をプログラミングできるようになります。


Scratch2MCPI のインストール


Image


「メニューボタン」→「アクセサリ」→「LXTerminal」を選択します(左上のターミナルアイコンから起動してもよい)。


Image


curl http://scratch2mcpi.github.io/install.sh | sh

コマンドを入力します。入力し終えたら、コードが間違っていないことを確認してから、Enterを押して実行させます。

コードが正しければ、ものすごいスピードで処理が進んでいきます。コンピューターの中では、このような処理が超スピードで行われているということです。

処理が進まないときは、入力したコードを見直してください。1文字でも違っていたら正しく処理が進んでいきません。またよくある間違いで、全角のスペース「 」と半角のスペース「 」の間違いは見つけにくいので、コードを書くときは、入力モードが「英数字」になっていることを確認しておきましょう。


Image


処理が進んで、無事にインストールが完了(completed)しました。


ショートカットが見当たらないときは

(この項はショートカットが表示されている時は飛ばしてください)


しかしここで問題発生です。デスクトップに「Scratch2MCPI」のショートカットが作成されているはずですが見当たりません。ショートカットはどこに行った? 探してみましょう。


Image


左上の「メニューバー」から「フォルダ」を開きます。「pi」フォルダを開きます。作成したデータのほとんどはここに入っています。(ちなみ「pi」はアカウント名です。初期設定では、アカウント名「pi」でログインすることになっています。)

「Desktop」と「デスクトップ」の2つのフォルダを発見しました。問題の原因はここにありそうです。


Image


両方のフォルダを開いて、比較してみましょう。「Desktop」フォルダには、 Scratch2MCPI のショートカットが2つ作成されています。「デスクトップ」フォルダは空っぽです。ということは、ショートカットを「デスクトップ」に移動すれば、初めの画面(デスクトップ)にショートカットを表示できるはずです。


Image


2つのファイルを選択し「ドラッグ & ドロップ」で、「Desktop」フォルダから「デスクトップ」フォルダに移動します。


Image


初めに表示されるデスクトップ画面に、2つのショートカットが表示されました。

今回の問題は、Scratch2MCPI が「デスクトップ」ではなく「Desktop」にショートカットを作成してしまったことが原因でした。

日本語版 OS をインストールすると、「英語版との違い」によって生じるこういった問題が起こることがあります。ただ問題が発生したとしても、原因を探っていくことで解決することができることを覚えておいてほしいと思います。


Scratch2MCPI の使い方


Scratch2MCPI を使うためには、正しい順番でアプリケーションを起動していく必要があります。


Image


まずはマインクラフトを起動して、前回作成した worldに入ります。主人公( steave)を操作できる状態か確認しましょう。

次の操作に進みたいのですが、マウスがマインクラフトの外に出ていきません。そういうときはTabを押してください。マウスを自由に動かせるようになります。


Image


デスクトップの「Scratch2MCPI」のショートカットをダブルクリックします。自動的に「 Scratch」と「 Scratch専用のターミナル」が起動します。


Image


「ターミナル」に「スクラッチと接続しました。」と表示されていれば成功です。

作業しやすいように、すべてのウィンドウが見える状態にします。まずはマインクラフトを右下に移動させます。 Scratchの右下をドラッグして、ウィンドウを広げます。スクリプトエリアを大きくするために、 Scratch画面の右上「小さなステージに切り替える」ボタンを押します。上のスクリーンショットとおなじ配置になっているか確認してください。


Image


Scratch画面では、「mcpi_template」ファイル( Scratch2MCPI をインストールしたときに追加された)が開かれています。スクリプトエリアの[hello_minecraft v]を送るをクリックして、スクリプトを実行してください。

マインクラフトには「hello_minecraft」のメッセージが表示されます。ターミナルには


Received:  (‘broadcast’, ‘hello_minecraft’)

のメッセージが表示されました。


これで、 Scratch2MCPI が正しくインストールできたことを確認できました。次回は、いよいよ本格的なプログラミングに入っていきます。準備はいいですか?


【追記】接続できないときは


Scratch2MCPI が正しくインストールできたのに、マインクラフトと接続できないときがあります。ターミナルに


エラー: スクラッチに接続できません。スクラッチが起動していないか、遠隔センサーが有効になっていない可能性があります。

と表示されている時は、Scratch の設定を確認してください。カテゴリの中から「調べる」を選びます。


Image



[スライダー v]センサーの値を右クリックしてください。遠隔センサー接続を正しく設定しましょう。

遠隔センサー接続を有効にする(無効になっているとき)→ Scratch と接続できないので「有効にする」をクリックしてください。

遠隔センサー接続を無効にする(有効になっているとき)→ Scratch と接続できるので、そのままでよい。