ラズベリーパイの初期設定②その他の設定


初期設定②その他の設定


ラズベリーパイの基本的な設定を済ませてしまいます。面倒な設定作業は今回で終了です。あともう少し頑張っていきましょう。


パスワードの再設定


初期パスワード(raspberry)のままで使い続けるのはリスクが高いため、パスワードを変更しておくことをおすすめします。インターネットにつなぐとき、初期パスワードのままではすぐに侵入される可能性があり危険です。(変更後のパスワードは忘れないように、記憶しておきましょう)


Image


「ターミナルアイコン」をクリックして、ターミナル端末「LXTerminal」を起動します。ラズベリーパイの設定ツールを起動するため、以下のコマンドを入力しEnterを押してください。


sudo raspi-config

Image


「Change User Password」を選びます。を押して「Select」を選びます。Enterを押して、パスワード再設定画面に入ります。


Image


新しいパスワードを2回入力してください。(入力した文字は見えませんが、入力されているので安心してください)


Image


パスワードの変更に成功しました。


ローカリゼーションの設定


ローカリゼーション(ソフトをその地域の言語・タイムゾーンなどの習慣に合わせること)を設定します。


Image


「Lacalisation Options」を選びます。


Image


「Change Locale」を選びます。ローケールとは使用する言語に合わせた表記の決まりのことです。


Image


「ja_JP.UTF-8 UTF-8」が正しく選択されていました。「了解」から次に進みます。


Image


「ja_JP.UTF-8 UTF-8」が正しく選択されていました。「了解」から設定を確定させます。


Image


次に「タイムゾーン」を設定します。「Change Timezone」を選んでください。


Image


「アジア」を選びます。


Image


「東京」を選びます。


Image


キーボードの設定を行います。「Change Keyboard Layout」を選びます。


Image


「標準 105 キー(国際)PC」を選びます。


Image


「日本語(OADG 109A)」を選びます。


Image


「キーボード配置のデフォルト」が選ばれているので、そのまま進みます。


Image


「コンポーズキーなし」のまま進みます。


Image


Xサーバーを強制終了しないので、「いいえ」を選びます。


Image


ローカライゼーション設定の最後に Wifi の国設定を行います。「Change Wifi Country」を選びます。


Image


「JP Japan」を選びます。


Image


「Wi-fi country」が日本に設定されました。

以上で、ローカリゼーションの設定は終了です。


オーバースキャンの設定


オーバースキャンを無効にして、画面の周りの黒い枠を取り除きましょう。


Image


「Advance Options」を選びます。


Image


「Overscan」を選びます。


Image


「オーバースキャンを有効(enable)にするか?」 と確認されるので「いいえ」を選びます。


Image


オーバースキャンが無効(disable)になりました。


オーディオの設定


音が出ないときはオーディオ設定を見直しましょう。強制的に HTMI 接続から音を出すように設定します。


Image


「Advance Options」を選びます。


Image


「Audio」を選びます。


Image


「Force HDMI」を選びます。


以上でオーディオ設定は終了です。


設定を反映するため再起動する


Image


「Finish」を選び、設定変更を終わらせます。


Image


「再起動しますか?」と聞いてくるので「はい」を選びます。


Image


邪魔な黒い枠がなくなって、画面いっぱいに表示されました。スピーカーから音が出ることも確認できました。


マウスカーソルの大きさの変更


私の環境だと、マウスカーソルが小さすぎて探しにくいです(老眼ということもありますが)。マウスカーソルを大きくして見えやすくしてみましょう。Windows などの洗練された OS では、設定画面から大きさの変更ができるのですが、この辺りは不親切なラズベリーパイです。設定ファイルを直接書き換えなくてはなりません。


Image


左上のターミナルアイコンから「LXTerminal」を起動します。


sudo nano .config/lxsession/LXDE-pi/desktop.conf

を入力して、設定ファイルを開きます。


Image


IGtk/CorsorThemeSize=18

の行を探して、数字を48に書き換えます。(ご自分の環境に合わせて、数字を決定してください。)

Ctrl+Xで「終了」させます。


Image


yを押します。


Image


書き込むファイルを確認して、Enterで決定します。


Image


ラズベリーパイを再起動すると、マウスカーソルが大きくなって見えやすくなりました。


これで第一段階の初期設定が終了しました。これ以上の細かい設定は必要になったら、その都度行うことにします。


【重要】正しい終了のさせ方を覚えよう


Image


ラズベリーパイの正しい終了の仕方を覚えておきましょう。「メニューボタン」→「Shutdown」を選びます。


Image


確認ダイアログで、「Shutdown」を選びます。しばらくすると、ラズベリーパイのランプが赤色だけになります。ACアダプターをコンセントから引き抜いてください。この方法でラズベリーパイ本体とそのデータを守りながら、正しく終了することができました。


次回は、Scratch で少し遊んでみたいと思います。