ラズベリーパイのセットアップ③OSのインストール


セットアップ③OSのインストール


今回は、ラズベリーパイにOS(Raspbian)をインストールしていきます。

特に難しいところはないと思いますが、慎重に作業を進めていきます。


Raspbian のインストール


Image


microSDカードをラズベリーパイのカードリーダーに挿入します。ラズベリーパイをひっくり返して、SDカードの表が見える状態で押し込んでください。奥までしっかり押し込みます。


Image



ラズベリーパイの電源を入れると、カラーパターンが表示されます。


Image


「NOOBS」の OS 選択画面が表示されます。「NOOBS」は、ラズベリーパイに OSを自動でインストールしてくれるアプリケーションです。クリックするだけで、Raspbian を始め、様々な OS をインストールしてくれる便利なアプリです。


今回インストールするのは、「Raspbian [RECOMMENDED(オススメ)]」 です。言語を「日本語」に変更すると、日本語版 OSをインストールできます(ただし日本語化は不完全で、インストール後に再設定が必要です。次回詳しく話します)。「インストール」をクリックします。


Image


「SDカードの中身が上書きしてもよいか?」と「確認ダイアログ」が表示されます。「はい」をクリックして進めます。インストール中は、画面が切り替わりながら、自動的にインストールが進んでいきます。


Image


【意訳】ラズベリーパイへようこそ。SDカードにソフトウェアがインストールされるまで少し待ってください。数分くらいかかります。


Image


【意訳】Raspbian オペレーションシステム(Debian LINUX を基礎としている)が今、あなたのラズベリーパイにインストールされている。Raspbian は簡単に使えるデスクトップを備え、ウェブブラウザやメール、オフィスなどのソフトがあらかじめインストールされている。そして、全くの初心者から上級者まで広い範囲のプログラマーのための、いくつかのプログラミング言語もあらかじめ用意されている。


Image


【意訳】Raspbian のデスクトップは、左上のメニューボタンをクリックして起動するアプリケーションのように、よく知られた方法で操作できる。


Image


【意訳】Scratch は、子どもや初心者にプログラミングの基礎を教えるために作られた、グラフィカルなプログラミング言語だ。


Image


【意訳】Sonic Pi は、音楽を作曲したり演奏したりできるプログラミング言語だ。


Image


【意訳】上級者のために、Python や Java でプログラミングするための、様々な統合開発環境がインストールされている。


Image


【意訳】助けが必要なときはラズベリーパイのウェブサイトにリソース、ダウンロード、ユーザーフォーラムがある。


Image


Raspbian のインストールが無事に終了しました。「OK」をクリックして、Raspbian を再起動します。(再起動中に止まってしまうことがあります。そのときは仕方がないので、ACアダプターを抜いて、しばらくしてからACアダプターをつなぐと、再起動できることがあります。試してみてください。)


Image



Image


Welcome to the Raspberry Pi Desktop


Image


Raspbian のインストールが終了し、ラズベリーパイを使えるようになりました。苦労した人も、問題なくここまで来られた人もいると思いますが、おめでとうございます。


あなたの前には、ラズベリーパイの広大な世界が広がっています。デスクトップ画像の「荒野を走る一本の道路」は、果たして私たちをどこに連れて行ってくれるのでしょうか。何だかワクワクしてきませんか?


次回は、ラズベリーパイ(Raspbian)の初期設定を行います。